MENU

 パイパンのオマンコが気になりだしたのは高校生の頃からだったんです。
もちろんその頃はまだ童貞で、ネットの画像や動画を見ながらシコシコする日々が続いていました。
やっぱり一番インパクトがあったのがツルツルのオマンコの女性です。
これ見た時、物凄いエロチックな気分になっちゃって、毛がないとオマンコもくっきり見えるし、クンニもやりやすそうだななんて思いながらシコシコしごいてしたんです。
いつしかツルツルのツルマンの動画や画像ばかりを見るようになっていきました。
女性のエッチなオマンコが丸見えになっている、濡れたエロい形が見える。
大興奮の射精を毎日のように繰り返して楽しんでいました。
仲の良い同級生にこの話を向けてみたのですが、彼も同じように毛がない女性が大好きだったようです。
その日から下ネタになるとツルマンの話ばかり。
エッチな動画や画像があるサイトの情報交換なども頻繁に行ってきました。
同級生の女子をみて「あの子はつるつるが似合いそうだな」なんて話しあって楽しんでいたくらいです。
当時からして毛のない女性には激しい興味があったのでした。
学生時代に付き合った彼女もいましたが、こちらの希望をかなえてくれて剃毛させてくれました。
ツルツルにするときの興奮、毛のないオマンコをいじったり舐めたり挿れたりする悦びは半端のものではありません。
こうして彼女ができると毛を剃り落としては肉体関係を楽しんでいたのです。
女性の股間には不要な毛はいらない、それがモットーでした。

常にツルツルにしてもらって、大興奮のエッチをエンジョイしていたのです。
しかし、社会人になってからはなかなか出会いもなくて、寂しい日々を送るようになってしまいました。
そしてようやく彼女ができたのだけれど、残念な事に剛毛なのです。